AGA(男性型脱毛症)治療
 

AGA(男性型脱毛症)治療
AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモン(テストステロン)の代謝産物であるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質によることがわかっています。

上原クリニックのAGA治療は、DHTの生成をブロックするプロペシア錠(フィナステリド)と、発毛効果のあるミノキシジルを内服しながら、フランス製のスペシャル発毛カクテルを通院にて頭皮に直接注射(メソセラピー)します。女性の方も、ミノキシジルおよびメソセラピーのみ可能です。

 

(フィナステリド:前立腺ガンのマーカーを低くします。服用前に測定することが望ましいです。)

 
 

AGA(男性型脱毛症)

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

 

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

 

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、AGAでは普通、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

 

髪の毛が薄くなるのを防ぎ、あるいは回復させることは古来からの社会的ニーズであり、民間療法から医薬品まで多種多様な育毛剤(塩化カルプロニウム、ミノキシジルなど)が開発されてきました。近年、AGAの原因が明らかにされ、医師が処方する「のむタイプの治療薬」プロペシア錠(フィナステリド)が登場したことで、根気よく治療を続ければ抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。

出典:aga-news.jp(万有製薬)

 
 
頭皮のアンチエイジング
ミノキシジル1ヶ月10,000円
プロペシア錠(フィナステリド)1ヶ月10,000円
ミノキシジル+プロペシア錠(フィナステリド)1ヶ月16,000円
毛髪育成メソセラピー60,000円
6ヶ月プログラム(プロペシア6ヶ月+メソセラピー7回)420,000円
上原クリニック
 
キャンペーン
 
斎藤院長ブログ
 

〒151-0066東京都渋谷区西原3-7-6-2F 03-5452-0783 小田急線・千代田線「代々木上原駅」より徒歩1分

 
モバイルサイト